カフェの開業を成功させよう【失敗を未然に防ぐポイントとは】

記事一覧

飲食店経営での注意点

店内

コーヒーショップを開く

飲食店を開業する難しさとはお客を定着されることです。人の味覚は千差万別で個々の消費者が各々違うため、多くの消費者の味覚を掴むことは難しいと考えられています。高い飲食品を提供するお店でおいしいのは当たり前と考えられ、安ければ収益が低くなり、薄利多売は可能でも人件費等の固定費の負担が大きくなります。飲食店の中で利益率が高いのがカフェです。一般的なカフェの場合、コーヒー1杯に対して15g程度の豆が必要となります。1kgのコーヒー豆の仕入れはおよそ400円から500円程度です。コーヒー1杯分で1kgのコーヒー豆が購入できることになります。70杯程度のコーヒーが1kgの豆で作れることになります。400円の仕入れが28000円ものコーヒーになります。コーヒー1杯の材料コストは2%未満となります。これだけを見ればカフェ開業で大きな利益が出ると考えられますが、個人でカフェを開業した人の50%以上は3年以内に閉店しています。なぜ、儲けが多いはずのカフェの開業で最終的に利益を出せないのかと言えば、豆の仕入れ以外の固定費に問題があります。固定費でもっとも大きいのが家賃です。消費ビジネスで家賃を捻出するのに5日以上かかると利益着陸できないと言われています。価格を安くすれば、光熱費や人件費が上がります。何らかの特別感を出さなければ利益を出すことは難しいです。豆のコストはそれほど高くはありません。喫茶店は回転率が非常に悪いため、個人店の場合多くの人が入店できる店よりもカウンターのバースタイルでボックス席が少ないお店で、特別なコーヒーを出すお店が利益が出る傾向が見られます。

Copyright© 2018 カフェの開業を成功させよう【失敗を未然に防ぐポイントとは】 All Rights Reserved.